<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ジョン・ボン・ジョヴィもゲスト参加したシンデレラのデビューアルバム、重量盤LPにて再発

ジョン・ボン・ジョヴィもゲスト参加したシンデレラのデビューアルバム、重量盤LPにて再発。

フィラデルフィアのライブハウスで演奏する姿をジョン・ボン・ジョヴィに見いだされてデビューしたシンデレラ。彼らが1986年に発表したデビューアルバムNIGHT SONGSが重量盤LPとして再発されることになりました。重量盤LPとは通常(約130グラム)より重いレコードで、重さによりターンテーブル上での安定性が増すため、よりいい音で聴くことができると言われています。今回は180グラムLPとして発売されます。

このアルバムには、ジョンもNothin' For Nothin'、In From The Outsideの2曲にバッキングボーカルとして参加しています。
海外にて3月18日発売となりますが、初回分1,000枚は、限定カラーレコードとして発売されるとのことです。


●音楽情報サイトamassの記事は、こちら!(記事名:シンデレラのデビュー・アルバム『Night Songs』が180g重量盤LP再発、2016年2月25日付)


シンデレラについて書いたブログは…
こちら!(BON JOVIも参加した1990年末カウントダウンライブから、シンデレラのライブCDが発売に 2009.7.25)
こちら!(BON JOVI、エアロスミス、スキッド・ロウ、ポイズン、キッスなどなどハードロックの名曲16曲収録のオムニバスアルバムアメリカにて発売 2011.8.20)
こちら!(雑誌METALLIONvol.41、1986〜1988編。特集トップバッターはBON JOVI 2012.3.6)
こちら!(雑誌METALLIONvol.42、1989〜1991編。ジョンとリッチーのソロアルバムレビューも 2012.7.1)
こちら!(リッチーとオリアンティ、ドニントンでのインタビュー。BON JOVIのドニントン出演記録も紹介 2014.7.15)


−−−−−−−−−−−−−−−−
BON JOVIの最新情報発信中。 
redbankのtwitterは、こちら!
redbankのニューコレクションサイトは、こちら!
redbankのinstagram
は、こちら!
−−−−−−−−−−−−−−−−

NIGHT SONGS重量盤LP、Amazonでの購入はこちら!
redbank * ゲスト参加 * 23:31 * comments(0) * - * - -

ジョン・ボン・ジョヴィ、リッチー・サンボラ参加のビッグ&リッチのアルバムタイトル決定

ジョン・ボン・ジョヴィ、リッチー・サンボラ参加のビッグ&リッチのアルバムタイトル決定

ジョンとリッチーがビッグ&リッチと曲作りを行なっていたり、ビッグ&リッチのアルバムレコーディングに参加しているニュースはこれまでもお伝えしてきました。そのビッグ&リッチのアルバムタイトルが、
HILLBILLY JEDISに決定しました。

アルバムの発売日は未定ですが、既にファーストシングルのThat's Why I Prayの配信が開始されています(この曲にはジョン、リッチーは参加していない模様です)。

HILLBILLY JEDISというタイトル、ジョンの言葉からとられたようですね。

ビッグ&リッチはこのHILLBILLY JEDISが4枚目のスタジオアルバムとなります。これまでに3枚のスタジオアルバムと1枚のベストアルバムを発表しています。
これまでのアルバムは、次の通り。
HORSE OF A DIFFERENT COLOR 2004年
1曲目のRollin'の冒頭を聴いてみてください。BON JOVIファンなら、あ!と思うと思います。
COMIN’ TO YOUR CITY 2005年
BETWEEN RAISING HELL AND AMAZING GRACE 2007年
GREATEST HITS 2009年(ベストアルバム)

この他にも、Big & Rich's Super Galactic Fan Pakという企画盤を2回発表していたり、映画フットルースに提供したFAKE I.D.など、様々な音源を発表しています。ビッグ・ケニー(BIG KENNY)とジョン・リッチ(JOHN RICH)のソロアルバムもおすすめです(ソロの中で最もおすすめなのはジョン・リッチが難病と闘う子供への基金のために発表したミニアルバムFOR THE KIDSです)。


【リンク】
音楽情報サイトthe Bootは、こちら!
ビッグ&リッチのニューアルバムについては、こちら!(2012年6月18日付、記事名:Big & Rich, 'Hillbilly Jedis' Pairs Duo With Bon Jovi)

ビッグ&リッチのニューアルバムについて書いたブログは…
こちら!(リッチー、ソロアルバムレコーディング情報その8(2月22日から3月2日まで)。ソロアルバム発売日は…、ジョンィとの曲作りも! 2012.4.18)
こちら!(ビッグ&リッチがジョン、リッチーと共作した曲を公開! 2012.5.20)
こちら!(リッチー、ソロアルバム、BON JOVI、ビッグ&リッチのアルバムと大忙し 2012.6.3)

JUGEMテーマ:音楽

BON JOVIの最新情報も発信中。
redbankのtwitterは、こちら!

ビッグ&リッチの各スタジオアルバム、Amazonはこちら!
Big & Rich
Warner Bros / Wea
¥ 474
(2005-11-28)

redbank * ゲスト参加 * 23:59 * comments(0) * - * - -

ビッグ&リッチがジョン・ボン・ジョヴィ、リッチー・サンボラと共作した曲を公開!

ビッグ&リッチがジョン・ボン・ジョヴィ、リッチー・サンボラと共作した曲を公開!

ジョン、リッチーがビッグ&リッチの両名と曲作りをしたニュースは先日ご紹介しました。その中の1曲をビッグ&リッチがYouTubeにて公開しています。

聴くことができるのは曲の一部ですが、雰囲気は伝わってきますよ。2013年発売予定のBON JOVIのニューアルバムではなく、ビッグ&リッチのニューアルバムに収録される曲なのかな?

Big and RICH RAWKIN in the studio!


【リンク】
ジョン、リッチーとビッグ&リッチの曲作りについて書いたブログは…
こちら!(リッチー、ソロアルバムレコーディング情報その8(2月22日から3月2日まで)。ソロアルバム発売日は…、ジョンとの曲作りも! 2012.4.18)

JUGEMテーマ:音楽

BON JOVIの最新情報も発信中。
redbankのtwitterは、こちら!
redbank * ゲスト参加 * 23:59 * comments(0) * - * - -

ジョン・ボン・ジョヴィとリッチー・サンボラ参加、レイ・デイヴィスのアルバム発売中

ジョン・ボン・ジョヴィリッチー・サンボラ参加、レイ・デイヴィスのアルバム発売中。

ジョンリッチーが参加した元キンクス(THE KINKS)のボーカリスト、レイ・デイヴィス(RAY DAVIES)のアルバムが発売されています。このアルバムはレイ・デイヴィスキンクス時代の曲をリメイクしたアルバムで、ジョンリッチーCelluloid Heroesにゲスト参加しています。

このアルバムでは各曲にてゲストが迎えられていて、ジョンリッチーの他、ブルース・スプリングスティーン、メタリカ、ビリー・コーガン(BILLY CORGAN)など数多くのアーティストが参加しています。

レコーディングの模様については、2月の記事を参照いただければと思います。


レイ・デイヴィスについて書いたブログは…
こちら!(ソングライターの殿堂40周年記念式典にジョンとリッチーが参加 2009.3.7)
こちら!(ジョン・ボン・ジョヴィ、レイ・デイヴィスのアルバムに参加 2010.2.26)





Youtubeコーナー。
Celluloid Heroesのレコーディング風景は、こちら。1:07

redbank * ゲスト参加 * 23:59 * comments(0) * - * - -

デラニー・ブラムレットの1998年のアルバムにリッチー、ティコ、デヴィッドが参加

デラニー・ブラムレットの1998年のアルバムにリッチー・サンボラティコ・トーレスデヴィッド・ブライアンが参加。

リッチーティコが、沖縄在住のギタリストデービッド・ラルストン(DAVID RALSTON)の1999年発表のアルバムNAIL It DOWN(参加曲名はRock & Roll Lane)に参加していたと先日ご紹介しました。それはデービッド・ラルストンを見出したデラニー・ブラムレット(DELANEY BRAMLETT)とのつながりから参加したのでは?と書きましたが、その続報です。

デラニー・ブラムレットが1998年に発表したアルバムSOUNDS FROM HOMEの11曲目にリッチーティコに加えデヴィッドもバッキングボーカルとして参加しています。その曲名はRock & Roll Lane。そう、参加している曲が全く同じ曲でした。

聴き比べてみると、聴き取れるリッチーのボーカル部分は同じように聴こえます。ひょっとしたら、デラニー・ブラムレットのアルバム用にレコーディングされたリッチーティコデヴィッドのテイクのうち、リッチーティコの部分だけデービッド・ラルストンのアルバムにも使われたのかもしれませんね。

デラニー・ブラムレットのアルバムSOUNDS FROM HOME、他にもエリック・クラプトン(ERIC CLAPTON)との共作曲のセルフカバーLet It Rainが収録されていたりします。ブルースやファンク、ソウルなど様々な要素が詰まった印象を受けました。

アルバムについて、まとめました。
タイトル SOUNDS FROM HOME
アーティスト DELANEY BRAMLETT
発売 1998年
レーベル ZANE RECORDS
品番 ZNCD1013

SOUNDS FROM HOMEAmazonはこちら!
Sounds from Home
Sounds from Home Delaney Bramlett


デラニー・ブラムレットのサイトは、こちら!

デービッド・ラルストンのアルバムへの参加について書いたブログは…
こちら!(リッチー・サンボラとティコ・トーレス、沖縄在住のギタリスト、デービッド・ラルストンのアルバムに参加 2009.8.13)
redbank * ゲスト参加 * 23:59 * comments(0) * - * - -

リッチー・サンボラとティコ・トーレス、沖縄在住のギタリスト、デービッド・ラルストンのアルバムに参加

リッチー・サンボラティコ・トーレス、沖縄在住のギタリスト、デービッド・ラルストン(DAVID RALSTON)のアルバムに参加。

リッチーティコが参加しているのは1999年に発表されたアルバムNAIL It DOWNRock & Roll Laneという曲にバッキングボーカルとして参加しています。バッキングボーカルと言っても、ソロボーカル部分においてもリッチーと思われる歌声を聴くことができます。アルバムはブルースを基調にしたいいアルバムに仕上がっています。

デービッド・ラルストンデラニー・ブラムレット(DELANEY BRAMLETT)に見出されたギタリストで、現在も沖縄で活動を続けています。デラニー・ブラムレットは2008年に69歳で亡くなりましたが、エリック・クラプトン(ERIC CLAPTON)やジョージ・ハリスン(GEORGE HARRISON)へ強い影響を与えたアーティストとして有名です。デラニー・ブラムレットが1998年に発表したアルバムSOUNDS FROM HOMEティコが参加をしているので、その関係でデラニー・ブラムレットがプロデュースを務めた今アルバムに参加したのかもしれません(SOUNDS FROM HOMEについては、近いうちにご紹介できると思います)。NAIL IT DOWNは1999年にカリフォルニアにてレコーディングされているので、リッチーはそのふらっと遊びに来たのでしょうか。

アルバムについて、まとめました。
タイトル NAIL IT DOWN
アーティスト DAVID RALSTON
発売 1999年(日本盤は2000年11月3日)
レーベル HIGH WAVE(日本盤)
品番 HICC-1006

NAIL IT DOWNAmazonはこちら!
Nail It Down
Nail It Down デービッド・ラルストン


デービッド・ラルストンのサイトは、こちら!
redbank * ゲスト参加 * 01:23 * comments(0) * - * - -

ジョン・ボン・ジョヴィ飛び入り!サウスサイド・ジョニーのライブDVD発売中

ジョン・ボン・ジョヴィ飛び入り!サウスサイド・ジョニーのライブDVD発売中。

サウスサイド・ジョニー & アズベリー・ジュークスのライブDVDが発売されました。このDVDは、1985年2月25日にドイツにて行なわれたライブが収録されており、ボーナスとして1991年9月26日にニュージャージーのSTONE PONYにて行なわれたライブも収録されています。こちらのライブに、ジョンが飛び入り参加しています!

ジョンが参加しているのはI've Been Working Too Hardジョンはこの曲のスタジオバージョンにもゲスト参加していました。DVDでは、KEEP THE FAITH発表前のジョンが髪を振り乱しながら躍動していますよ。

DVDについて、まとめました。
アーティスト SOUTHSIDE JOHNNY & THE ASBURY JUKES
タイトル THE FEVER -LIVE AT ALABAMA HALL, MUNICH 1985-
品番 CHF-F1029LF
収録曲
CONCERT
-Recorded AT ALABAMA HALL, MUNICH, GERMANY On 25th February 1985(58分19秒)
01 Talk To Me
02 Love Is A Drug
03 Captured
04 New Romeo
05 Love On The Wrong Side Of Town
06 New Coat Of Paint
07 The Fever
08 Trapped Again
09 I Don't Want To Go Home
10 We're Having A Party (Sam Cooke Medley) Only Sixteen-You Send Me-Having A Party
11 All I Want Is Everything

BONUS CONCERT
-'HAVING A PARTY' AT THE STONE PONY, ASBURY PARK, NEW JERSEY On 26th September 1991(58分37秒)
12 Better Days
13 Coming Back
14 Trapped Again
15 All The Way Home
16 I've Been Working Too Hard (Featuring Jon Bon Jovi)
17 All Night Long
18 Soul's On Fire
19 The Fever
20 I Don't Want To Go Home
21 Shake 'em Down

EXTRAS
Interview With SOUTHSIDE JOHNNY
History
Discography

ジャケットは、こちら!
Amazonでも売られていますが、リージョンが異なるようです。HMVなどでも売られていますよ)









I've Been Working Too Hardが収録されているスタジオアルバムBETTER DAYSAmazonはこちら!
Better Days
Better Days SOUTHSIDE JOHNNY & THE ASBURY JUKES
redbank * ゲスト参加 * 23:30 * comments(0) * - * - -

BON JOVIの全メンバー参加!ランス・ラーソンのアルバム発売中

BON JOVI の全メンバー参加!ランス・ラーソン のアルバム発売中。

ニュージャージーのアーティスト ランス・ラーソン のアルバムに BON JOVI の全メンバーが参加しています。昨年の8月に発売予定と以前ご紹介しましたが、12月に発売されました。その詳細情報をご紹介します。

ランス・ラーソン はニュージャージーのロックシーンでは有名なアーティストで3月1日に56歳の誕生日を迎えます。BON JOVI との結びつきも強く、1970年代には LORD GUNNER というバンドで ティコ・トーレス とバンドメイトであったり、そのバンドのオープニングに BON JOVI 結成前の JON BON JOVI AND THE WILD ONES を迎えたこともあったそうです。

今回のアルバムは退役軍人の方々に捧げられているアルバムで、BON JOVI のメンバーが参加しているのは全部で3曲。この他に ボビー・バンディエラ も別の1曲に参加しています。録音時期は不明ですが、気になるところです。このアルバム、ランス・ラーソン のサイトで視聴やダウンロードも可能ですが、パッケージされたCDも発売されていますが、日本の店頭での購入は難しいようです。

BON JOVI のメンバーが参加した曲です。
Listen To Your Heartbeat
 4人全員が各パートで参加。静かに始まるロック調のノリのいい曲です。ジョン・ボン・ジョヴィ のボーカルや リッチー・サンボラ のギターソロも聴くことができます。
Angels With Broken Wings
 壮大なバラード曲。ジョン がデュエットを披露しています。
Running Wild Child
 軽快なポップ調の曲。80年代の香りがする気がします。リッチー・サンボラ がギターソロを披露しています。
Devil's Right Hand
 ボビー・バンディエラ がギターソロを披露しています。

アルバムについてまとめました。
アーティスト名 LANCE LARSON
タイトル SONGS FOR THE SOLDIER
発売日 2007年12月7日
品番 LTM002
収録曲
01 Lucky Day
02 The Way She Makes Me Feel
03 Listen To Your Heartbeatジョンリッチーデヴィッドティコ 参加)
04 What You Do To Me
05 Saints And Sinners
06 Angels With Broken Wingsジョン 参加)
07 Memories And Photographs
08 Song For The Soldier
09 Running Wild Childリッチー 参加)
10 Devil's Right Handボビー・バンディエラ 参加)

ジャケットは、こちら!










ランス・ラーソン のサイトは、こちら! (biographyを見ると、ニュージャージーの音楽シーンとの強い結びつきを感じることができます)

ランス・ラーソン のアルバムについて書いたブログは、こちら!
redbank * ゲスト参加 * 00:20 * comments(3) * trackbacks(0) * - -

リアン・ライムスのニューアルバムにTill We Ain't Strangers Anymore収録

リアン・ライムス のニューアルバムに Till We Ain't Strangers Anymore 収録。

BON JOVILOST HIGHWAY に収録されている Till We Ain't Strangers Anymore が、リアン・ライムス のニューアルバム FAMILY にも収録されることになりました。

FAMILY はアメリカでは10月9日に発売され、Till We Ain't Strangers Anymore はボーナストラックとして収録されます。リアン・ライムス のサイトでは We're Not Strangers - duet with BON JOVI と表記されていますが、LOST HIGHWAY 収録分と同一バージョンか否かは不明です。ちなみにこのアルバムのプロデューサーは LOST HIGHWAY のナッシュビル担当でもあった ダン・ハフ です。

ジャケットは、こちら!
Family
Family LeANN RIMES





リアン・ライムス のサイトは、こちら!
アルバム FAMILY 紹介ページは、こちら!
redbank * ゲスト参加 * 00:48 * comments(7) * trackbacks(0) * - -

BON JOVIの全メンバーが参加したランス・ラーソンのアルバム、8月に発売

BON JOVI の全メンバーが参加した ランス・ラーソン のアルバム、8月に発売。

ランス・ラーソン はニュージャージーのミュージシャンで、30年のキャリアを積み重ねているそうです。
アルバムのタイトルは SONG FOR THE SOLDIER。今年8月に発売される予定のこのアルバムでは、兵士達の悲しい現実を歌っているようです。ランス・ラーソン の父親も第2次世界大戦の退役軍人だったとのこと。

BON JOVI のメンバーは ジョン・ボン・ジョヴィリッチー・サンボラティコ・トーレスデヴィッド・ブライアン と全員がゲストとして参加。ジョンAngels With Broken Wings という曲でボーカルも担当しています。その他にも数多くのニュージャージー音楽シーンを支えるミュージシャンがゲスト参加しています。

ちなみにランス・ラーソン が2001年に発表したアルバム LOST ASBURY TAPES にも BON JOVI の全メンバーが参加しています。Running Wild Child では リッチー がリードギターを、もう1曲の Listen To Your Heartbeat では、ジョン がコーラス、リッチー がリードギター、ティコ がドラム、デヴィッド がキーボードを担当しています。このレコーディングは1988年に行なわれたようです。


アルバム SONG FOR THE SOLDIER のサイトは、こちら! (曲の視聴もできます)

WESTWOOD MUSIC GROUP のサイトは、こちら!ランス・ラーソン や先日ご紹介した リサ・ブッシェル も所属しているようです)
ランス・ラーソン のアルバム LOST ASBURY TAPES のページは、こちら!BON JOVI は参加していない2曲のMP3がダウンロード可能です)

ランス・ラーソン のサイトは、こちら! (6月オープン予定)

ニュージャージーの情報サイト ASBURY PARK PRESS は、こちら!
ランス・ラーソン のアルバムについて書かれたページは、こちら!
redbank * ゲスト参加 * 23:49 * comments(2) * trackbacks(0) * - -
このページの先頭へ