<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ジョン・ボン・ジョヴィ ドイツ到着時の写真 | main | リッチー・サンボラ インタビュー掲載の ギターマガジン 6月号発売中! >>

リッチー・サンボラ情報 (4月の情報編)

リッチー・サンボラ 情報 (4月の情報編)

アメリカの週刊誌各誌において、リッチー のニュースがまた一斉に報じられました。
その中から、5月8日付け各誌の記事を紹介します。
(以前紹介した記事はサイト情報、今回は実際の誌面記事を紹介します)
各誌、リッチーヘザー・ロックレアチャーリー・シーンデニス・リチャーズ の4人についての記事になっています。
記事の柱は次の3つ。
 リッチーデニス のデート風景
 デニスチャーリー の素性を記して裁判所に提出した17ページの書類
 ヘザーデニス のこれまでの友情関係
リッチー 夫婦 と チャーリー 夫婦 の豪邸は隣同士だったのですね。それを示す航空写真も多くの記事で掲載されています。


雑誌名 People
タイトル 
 表紙 HEATHER IN SHOCK: Richie Dates Denise
 本文 FIREWORKS!
表紙に リッチーデニス の小さい写真も掲載されています。
本文記事は、カラー5ページ掲載。また、今号のメイン特集である 100 MOST BEAUTIFUL の Better Than Ever に ヘザー が選ばれカラー2ページの写真が掲載されています。
表紙は、こちら!








雑誌名 Star
タイトル
 表紙 Denise Richards Runs Off With Her Best Friend's Husband-RICHIE SAMBORA!
 本文 Heather Tells Denise, YOU'RE DEAD TO ME!
表紙には、リッチーヘザーデニス の写真が掲載されています。
本文記事はカラー4ページ掲載(続いて デニス の書類についてカラー2ページ掲載)。
リッチーデニス について一番詳しく書いているのは、この雑誌です。
なぜかベッドルームの2人についての記述も(誰が話しているのでしょうか?)。日本ツアー中は1日に3回は電話をし、帰国後も関係は続いていて、早くも子供をつくる話もしているとの事。帰国後には、 marathon sex session が行なわれたそうな(もう一度書きましょう、誰が話しているのでしょうか?)。
表紙は、こちら!








雑誌名 US WEEKLY
タイトル
 表紙 DENISE STEALS HEATHER'S HUSBAND
 本文 DENISE'S REBOUND ROMANCE!
表紙は、ヘザーデニス がメイン掲載。小さく リッチーデニス の写真も掲載されています。
本文記事は、カラー8ページ掲載。4月19日と20日の リッチーデニス のデート写真が多く掲載されています(19日の写真はこの雑誌だけ)。4人の2002年以降の年表が掲載されていて、今年3月3日の BON JOVI ロサンゼルス公演に デニス が訪れたことが転機になっているようです。
表紙は、こちら!








雑誌名 IN TOUCH
タイトル
 表紙 BETRAYED
 本文 HEATHER'S DEVASTATED
表紙は、ヘザーデニス の写真がメイン掲載。リッチー の写真も小さく掲載されています。
本文記事は、カラー4ページ掲載。
表紙は、こちら!








People のサイトは、こちら!
US WEEKLY のサイトは、こちら!
IN TOUCH のサイトは、こちら!

上記のサイトに更なる最新情報が掲載されていますが、そこには リッチーデニス が別れたという記事もあります。どうなることやら。
redbank * リッチー・サンボラ * 23:39 * comments(44) * trackbacks(0) * - -

コメント

>Hideさん
こちらこそ、これからもよろしくお願いします!
コメントを書いてくれる方々がいないと、寂しいので…。
Comment by redbank @ 2006/05/28 1:01 AM
>rdbankさん
いつもお世話になりっぱなしで、感謝しております。
ちゃんと 分かってもらえていて、安心しました。 さすが!! 自分の心の狭さに 反省しました。これからも、よろしくお願いします。
Comment by Hide @ 2006/05/28 12:44 AM
>Hideさん
取材側の問題を書かれているのだな、とは分かっているつもりでしたが、逆に失礼なコメントをしてしまった気がします。
申し訳ありません。
Comment by redbank @ 2006/05/28 12:36 AM
>redbankさん
言い方が悪かったですね。ブログなどの事でなく、取材側というか・・お仕事なのは分かるけど と言うような意味です。失礼な表現をしまして、ごめんなさい。
Comment by Hide @ 2006/05/28 12:27 AM
>Ponさん
エヴァちゃんはかわいそうに思えてきますよね。
ジョンとリッチーの仲違いは大丈夫だと思いますよ。昔は若かったですからね。
2人がどんな状態だとしても、いい作品を私達に届けてくれれば言うことはありませんけどね。

>hamaさん
ジョンは一時の気持ちでバンドを解散させたりはしないと思いますよ。自分達の業界内での状況などを冷静に判断している人でしょうから。

>名無し娘さん
>Hideさん
ジョンの実際のプライベートは、もちろん本人ではないので分かりません。マスコミ向けの写真についての真意も同じく分かりません。
僕としては、公開されている通りの生活をしていようが、まったく逆の生活をしていようが、どっちでもいいのかな、と思っています。
僕は、実際の生活を探るのが目的でこのブログを書いているわけではなく、こんな記事が(事実かどうかは分かりませんが)ありますよ、紹介しているだけなので。

>JUNKOさん
>hamaさん
フォローのコメント、ありがとうございます!
Comment by redbank @ 2006/05/27 11:28 PM
私もできれば好きなartist達には自分の家族や友人がそうであって欲しいように、品行方正でいてほしいですよ。
でも歌舞伎役者に隠し子や愛人がよくいたり、ピカソが何度も結婚、離婚を繰り返したりというように芸能、芸術に携わる人は普通でないからこそ普通の人が作り出せない物を創造できるのだと思います。俳優も、ミュージシャンも。。。壮絶な人生を送った偉大な人ってたくさんいるでしょ?そりゃあ家族は大変だけど、fanである私達は楽しませてもらってるんだからありがたいですよね。応援しましょうよ。
Comment by hama @ 2006/05/27 11:02 PM
管理人さんが下記のように最近コメントしてますよ!
>また、コメント欄についての皆さんのご意見、拝見させて>頂きました。
>僕としては、BON JOVIに関する話題であって、人への中
>傷・誹謗でなければご自由にどうぞ、というのが基本的な>スタンスです。
>今後とも、よろしくお願いします。

確かに今このコメント欄で話題になっているのはBON JOVIの話題ですが、ジョンに愛人がいようが、リッチーがどうであろうが、私たちには関係ないじゃないですか!
いつまでも解散しないで、いい歌さえ作り続けてくれれば!!で、願わくば私も愛人になりたいな〜位の気持ちでいましょうよ、皆さん!

MAHALO! BON JOVI
Comment by JUNKO @ 2006/05/27 10:27 PM
ついに、JON夫妻までも・・・長年夫婦してると、人に言えない いろんな事があって、有名なばかりに、世間に公表されて、気の毒ですね。あまりに目を覆いたくなるような記事とか写真は、出す側にも、配慮がほいしい・・簡単に情報が手に入る世の中だから・・親達の してる事が、子供にも知らせたくてやってる訳じゃないのに・・作り話も当然あるし!自覚は持ってほしいですけどね。  でも、20年近くも仮面夫婦 続けれるの?いつからか分からないですけど
Comment by Hide @ 2006/05/27 9:12 PM
仮面夫婦です。確実に。
Comment by @ 2006/05/27 4:34 PM
ジョンはドロセアに振られる度に名曲を書いたので有名なんですが・・・
そうですか・・・大金払ってイメージ保持・・・ドロセアさんとも仮面夫婦なんでしょうかね?疑心暗鬼が募ります・・・

おばかリッチーはデニス魔女をどうやらヨーロッパツアーに
同行してるようで・・・だからソロにも力が入るんでしょうか!見せ場ってことで・・・なんだか節操無さすぎ、ふしだら過ぎでガックリしちゃいます(;;)
Comment by 名無し娘 @ 2006/05/27 2:55 PM
JONの愛人話は超有名な話で私も知っています。
1人や2人じゃありません。いっぱいいます。
世界各国にお遊び用の相手がいるのもこの世界では常識。
相当なお金をつぎ込んでイメージ保持に必死な人です。
Comment by @ 2006/05/27 11:28 AM
ponさんのコメント読んでたらちょっと怖くなってきました。オノヨーコの登場によりポールとジョンの間に不穏な空気が流れ、やがて解散。。。そんな悲しい事にはならないで欲しいです。絶対に!
Comment by hama @ 2006/05/27 9:43 AM
ジョンは長い間浮気をしていた人なので(昔からのファンの間ではわりと知られている話ですよね?)、何か助言をしているとすれば「もっとうまくやれよ」とでも言っているのでしょうか。
Comment by @ 2006/05/27 2:27 AM
リッチーのあまりの節操のなさに、ちょっと動揺してしまいました。エヴァちゃんの共同親権を争っているときに、こんな醜いお戯れってどうなんでしょうか?小さいなりにも、何かを感じ取っているであろうエヴァちゃんが可哀想になってしまいます。イメージ保持をかなり強固に貫いていると思われるJonは、どう思っているのでしょうねぇ。アメリカのゴシップ記事ですから、どこまでが本当かわかりませんが、このストーリー展開、もはやドロセアまで登場してきていることですし…。くだらないことでJonとリッチーが昔のように仲たがいしなければいいのですが。リッチーには、ミュージシャンである前に、潔い父親としての自覚を持ってほしいところです。他人に言われたくはないでしょうけれどね。
Comment by Pon @ 2006/05/27 1:00 AM
>king of swingさん
報道とそれを求める私達にも問題があるのかもしれませんね。
スターだから仕方がないといえば、それまでですが。

>Nikkiさん
>Allureさん
ご近所さんなんですね!
そんな方々もこのサイトに遊びに来て頂いているとは、驚きました。

>Lukeさん
これからどうなるんでしょうね。
まずはお互いの離婚が成立するのやらしないのやら。

>merryさん
I'll Be There For You、ヨーロッパでは全公演リッチーがソロで歌っていますね。

>marioさん
一番寂しい思いをしているのは子供達ですよね。そこは日本とアメリカで同じだとは思いますよね。
Comment by redbank @ 2006/05/26 8:44 PM
女といちゃつく元気があるんだから
骨折もホンとは嘘かもねぇ。
Comment by @ 2006/05/26 7:53 PM
リッチーとデニスがヨーロッパでいちゃついている間、遠く離れたアメリカではヘザーの家までパパラッチが来て「リッチーとデニスのイタリアでの写真を見て、どう思うか?」なんて質問されてるみたい。彼女の答えはもちろん「go away]

People のサイトに“アメリカン・アイドル”のファイナルを見に行ったヘザーとエイヴァちゃんの写真出てます。エイヴァちゃんの笑顔を見ると 本当に心痛みます。(私は赤の他人ですが...)
Comment by mario @ 2006/05/25 10:16 PM

最低、この2人。

Shame On You!!
Comment by @ 2006/05/25 5:54 PM
ビーチでの二人の写真・・・
ガッカリです。
ライブで聴けるRichieのI'll Be There For Youも
なんかうそ臭い歌に聞こえそうで悲しい。
ああ・・・
You (Richie & Denise) give love a bad name!ですよ。
Comment by merry @ 2006/05/25 10:01 AM
>king of swing さん
写真見ました...ショックです。あのお腹より何より、まだ二人が続いているということにです。シェールと手をつないでいるツーショットを見た時と同じくらい動揺しました。

あの...ちょっとBJから離れるんですが、現在アメリカでのヘザーの位置づけはどんなものなのでしょう?私は彼女のファンですが、20代の頃は全米のアイドル女優、アーロン・スぺリング(ビバヒルのプロデューサー)にも「彼女は女神...(彼女を番組に配役すると視聴率があがるから)」と可愛がられ、映画ウェインズワールドでも、たしか男性の憧れの女性みたいなことを言われてた気が...
どなたか、ご存知の方がいましたら教えてください。
スミマセン...BJ以外のことでm(__)m
Comment by mario @ 2006/05/24 10:14 PM
もう超キモーーーイ!!
単なるエロエロオヤジ
いい加減にしろーーーーーーーっ!!
Comment by @ 2006/05/24 6:46 PM
あの、誤解のないようにもう一度。。。

最低、とはRichieとDeniseの事です。
皆さんの事ではありません。
Comment by Luke @ 2006/05/24 6:06 PM

最低。

You Guys, SHAME ON YOU !!
Go The Hell !!

Comment by Luke @ 2006/05/24 5:50 PM
イタリアの写真、すごいですねぇ・・・リッチー腹がオヤジしてる。
ヘザーとは去年からうまくいってなかったって聞きましたけどそれ見てデニスは横からかっさらっていったんですかね?
そのくせヘザーに対してデニスは絶縁状を叩き付けたとかなんとか・・自分のやってることに罪の意識は無いのか・・?
こんな最低女の毒牙にかかるなんてリッチーもサイテー!
ラブラブしてるけど骨折は治ったのかしら?
Comment by @ 2006/05/24 4:36 PM
例えばこういったゴシップがTommy Leeとかだと
あぁ、またやんちゃしてるなぁ〜 で終わるんですけど
Richieがこんなだらしない一面を見せたのでかなり
びっくり&失望しています。私もNikkiさん同様
West LAに住んでいるのですが、結構セレブ多いですよね
一般人の家を探すより簡単に見つかりそうな気がします。
まぁ、写真が出回るのも時間の問題でしょうけど。
Comment by Allure @ 2006/05/24 2:48 PM
LAのWestwood地区UCLAの近所!
私もご近所さんなので探してみようかしら!?
Comment by Nikki @ 2006/05/24 2:28 PM
今、なにげにインターネットを検索したらリッチーがデニスの写真がアップされてました。
http://www.welovecelebs.com/wp/news/denise-richie-hit-the-beach-in-italy/
Comment by king of swing @ 2006/05/24 2:10 PM
なんか、リッチーとデニスの”だらしなく節操”の
ないお付き合いの報道が事実ならこの先、いくら
素敵な曲を作ってもファンの心には響かないんじゃないかな?とくに、ラブソングっぽい曲は。私はリッチーのソロ
2枚目のアルバムの中のヘザーに捧げた曲が、ヘザーは嫌いですが好きです。デニスはヘザーより若いだけで綺麗でも
より女優として認められているわけでもない。沢山のゴシップがすべて事実じゃないにしろデニスの行動はやっぱり節操がない。英語で”節操”ってあるのかな?そんな女から
何を学ぶのかしら?セックスのテクニック?
男って生物学的に重圧的なストレスを感じ生命の危険を
感じると本能的に子孫を残そうとするんだとか。
ヘザーいわく、スピンシティでキスする場面がありましたが、デニスの唇はすごく柔らかいそうです。
よく、有名人でもプライベート自由とかってみなさん
おっしゃいますが、”ファン”というものがあるのだから
オープンにしろとは言わないですが、がっかりさせる行動は
慎むべきだと思いますね。
Comment by king of swing @ 2006/05/24 1:55 PM

>king of swingさん

写真はないけれど到着した記事は山ほど出てます。
週末2人でラブラブバケーションだったと報じられています
昔からSamboraのコメントでのNOはYESの証拠、なんてかかれていました。あと、Samboraの新居とDeniseの新居は共に
LAのWestwood地区UCLAの近所にあり実際同棲中?なんて
Newsも。。。だらしないもの同士ひかれるんですねぇ。
Comment by NONA @ 2006/05/24 12:23 PM
>king of swingさん
どうなんでしょうね。到着していれば、どこかで写真がアップされているかもしれませんね。
Comment by redbank @ 2006/05/23 11:22 PM
↓”デニース”じゃなく”デニス”でした〜
Comment by king of swing @ 2006/05/23 9:03 PM
結局、デニースはボンジョビのツアーに参上したのですか?
インターネットを探してもいまいち核心にたどり着けなくって。
Comment by king of swing @ 2006/05/23 9:01 PM
>leonさん
セレブになるとベビーシッターなんかがいるんでしょうね。
アメリカの雑誌の母の日特集に、デニスとデニスのお母さん、デニスの娘さんの和やかな3ショット写真が掲載されていたので、お母さんに預けたりしているのかもしれませんね。
デニスの子供に対する感覚、離婚に対する感覚は本当にわからないですよね。アメリカ人だから、という一括りにはできないだろうし…。

>marioさん
娘さんたちは家で留守番ですか。
うーん、やっぱりその感覚はわからないですよね。

>NONAさん
デニスのネットでの評判は凄いものがありますよね。
話半分だとしても凄いです。
Comment by redbank @ 2006/05/23 7:01 PM
あの女好きのTommy LeeがHeatherにDeniseとはかかわらないほうが。。。って言ったくらいのBITCHですよ。Tommy Lee
にHeatherに内緒で電話してきてTommyがウザイから後輩の
Tel番教えたらあの女はすぐ電話して、その後輩ミュージシャンもうざがってたという話です。USAのForumからの
情報ですがとにかく悪魔女です。
Comment by NONA @ 2006/05/20 12:48 PM
leonさん
デニスの2歳の長女とまだ11ヶ月の次女は家で留守番みたいですよ。私も、1歳半の子供がいるけど、ちょっと彼女の行動は考えられないです...アメリカの人は子供より、自分の愛に生きるのでしょうか!?まあいくら恋愛は自由とはいえ一番考えられないのは、(元)親友の旦那様を誘惑してしまう事と、その早さには(正式には離婚は成立していないし、ヘザーが離婚申請を提出して1ヶ月足らず...)びっくり。
一説には、デニスがチャーリーとの離婚を申請してからトミー・リーに「どこかに、いい男いないかしら!?」って相談してたみたい。
Comment by mario @ 2006/05/20 12:08 PM
不思議に思うんですけど、デニスはまだ小さい2人の娘を預けてアイルランドまでリッチー追いかけて来たんですかね?
母親業よりも男優先って感じ・・・

リッチーのことを愛してるというより、泥沼離婚→娘2人かかえて今後いろんな面で大変→金持ちで手ごろな男が必要→あら、こんな近くにちょうどいい男が!みたいな感じでリッチーに近づいた。って思うのは私の偏見だろうか?

だってそうじゃなきゃ自分から“元”とはいえ親友だった人の離婚申請中の旦那誘惑しないでしょぉ〜?
それとも日本人とアメリカ人の別居&離婚感覚って、それほど違うんでしょうか?
まだ両方とも離婚成立してないのに・・・

>Richie, I'm so disappointed...
私もです。名無しさん
Comment by leon @ 2006/05/20 2:54 AM
>king of swingさん
ヘザーとドロセアが本当に連絡を取っていたら、リッチーもまったく歯が立たない気がしますよね。

>名無しさん
デニス、ヨーロッパ訪問の件、アメリカ週刊誌のサイトにもアップされていました…。
Comment by redbank @ 2006/05/19 10:14 PM
来ましたよ、IrelandにBi*chご到着です。
Richie, I'm so disappointed...
Comment by @ 2006/05/19 7:43 AM
ヘザーとドロセアが連絡取ってるなんてすごく驚きです。
ドロセアがジョンをスルーしてヘザーとね〜。
Comment by king of swing @ 2006/05/17 3:37 PM
>NONAさん
5月20日にアイルランド公演がありますね。
本当に来るのでしょうか。
別記事だと思いますが、ヘザーとドロセアが連絡を取り合っている関係で、デニスのヨーロッパツアー訪問が拒否されたとの話もありました。
Comment by redbank @ 2006/05/17 12:25 PM
今STAR見たらDeniseがIreland公演に来るらしいという記事があって、2−3日前に破局宣言したのに、と困惑してます。
あのBITCHだけは辞めなさい!Richieは女運ないですねぇ〜
Comment by NONA @ 2006/05/16 10:00 PM
>mahndinさん
本当に隣同士なんですよね。驚きです。

>satsukiさん
ここ最近は、リッチーより、ヘザー対デニスになってきているみたいですね。
Comment by redbank @ 2006/05/15 7:42 PM
先週、リッチーとデニースの記事を読んだばかりです。
それはデニースとロックリアの友情関係が終わったという記事です。
リッチーとデニースの関係の前から友情は壊れてたとデニースが言ってましたが。。。
ま、真相は関係者のみが知る所でしょうね。
それに、個人的にはリッチーが幸せになるならどうでも良いかなと。(子供は別です)
私たちに出来る事って、音楽的に応援したりする他にあるのかな?
私はBJの音楽が好きで、ファンでいるだけなもので。個人的にはJonのような人が理想の旦那様ではありますが。。。
それにしても、彼らの家って本当にお隣さんだったのですね。
mahndinさん、ありがとうございました。
Comment by satsuki @ 2006/05/14 9:51 PM
リッチー夫妻豪邸の航空写真のサイトです。デニースの豪邸と本当にお隣同士ということがわかります。ちょっとアドレスが長いですが。。。。
http://tmz.aol.com/article2/_a/denise-richards-and-richie-sambora-love/20060425111309990001
Comment by mahndin @ 2006/05/14 12:35 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ