<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ジョン・ボン・ジョヴィ SAMSUNG FOUR SEASONS OF HOPE 参加時の写真 | main | BON JOVI特集の CLASSIC ROCK 7月号、発売中! >>

BON JOVI Who Says You Can't Go Home UKチャート初登場5位

BON JOVIWho Says You Can't Go Home が 6月18日付UKチャートで初登場5位を記録しました!

これまでのUKチャートの記録をまとめてみました。
The Hardest Part Is the Night 68位
You Give Love A Bad Name 14位
Wanted Dead Or Alive 13位
Livin' On A Prayer 4位
Never Say Goodbye 21位
Bad Medicine 17位
Born To Be My Baby 22位
I'll Be There For You 18位
Lay Your Hands On Me 18位
Living In Sin 35位
Keep The Faith 5位
Bed Of Roses 13位
In These Arms 9位
I'll Sleep When I'm Dead 17位
I Believe 11位
Dry County 9位
Always 2位
Someday I'll Be Saturday Night 7位
Please Come Home For Christmas 7位
This Ain't A Love Song 6位
Something For The Pain 8位
Lie To Me 10位
These Days 7位
Real Life 21位
It's My Life 3位
Say It Isn't So 10位
Thank You For Loving Me 12位
One Wild Night 10位
Everyday 5位
Misunderstood 21位
All About Lovin' You 9位
Have A Nice Day 6位
Welcome To Wherever You Are 19位
Who Says You Can't Go Home 5位

10位以内にランキングされたのは通算18度目になります。
この一覧を見ると、90年以降の曲の人気の高さが分かりますね!



UKチャートが掲載されている BBC のサイトは、こちら!
UKチャートのトップページは、こちら!
最新UKシングルチャートページは、こちら!
redbank * HAVE A NICE DAY * 01:52 * comments(3) * trackbacks(0) * - -

コメント

>stairways2さん
Welcome To Whenever You Areについての話はいい話ですよね。

>Hirokoさん
UKといえば、Hirokoさんですよね!
はっきりいって僕はUKには詳しくないものですが…。
それにしても、Something For The Pain 8位というのには驚きました。


UKロック意気盛んな中で
BON JOVIが支持されているのは嬉ですねぇ〜

実は私・・・・・・^^;
BON JOVIの次に好きなのはUKロックでして(笑)
でもね、何が有っても私の中の1位はBON JOVI
譲れません!
独り言でしたぁ〜

Comment by
Comment by redbank @ 2006/06/27 11:45 PM
2度も同じもの書き込んですいません。
少し遅れてしまいましたが5/31ROCKCITY放送分についてです。
最初に伊藤マサさんにジョンより「Have A Nice Day」ゴールドディスクが
プレゼントされ、ディスク中央に時計がありニュージャージー時刻とか。

さてインタビュー内容へ
Q「Have A Nice Day」のメッセージ性について
例えば‘Welcome To Whenever You Are``Bells Of Freedom`や
「Have A Nice Day」はどれも社会派だ。
アメリカには頑固な共和党員がいれば頑固な民主党員もいる。
アメリカは2大政党制だからこの2つの党員の見解は両極端なんだ。
でもし僕が例えば自分の立場を利用して‘Welcome--`の曲を紹介をしたとして
「僕が正しくて君が間違ってる」というような挑発的な立場をとるのは
間違っていると思うんだ。
「自分が正しい・君が間違っている」という人間は相手と同じくらい傲慢だからね。
自分の方が君のより上だと思ってる証拠だよ。
それより僕は一歩下がった立場から「君の意見は君の意見。でも僕の意見は 僕の意見」
どっちが正しいってことじゃないから今日も「Have A Nice Day」と言いたかったんだ。

‘Welcome To Whenever You Areでも今夜もMCでなるべく不快感を与えないように
話したつもりだけど、
例えばケリー大統領候補のキャンペーン中に立ち寄ったオハイオのバーでの出来事。
そこにいたカップルがゲイに関する法改正についてとても強く反対していた。
それは例のゲイ・カップルの結婚問題についてで、彼らは声を大にして
「そんな連中にうちの子供たちの学校に来て欲しくない!」と言ったんだ。
僕が「あなたたちは実際にゲイをご存知ですか?何か教室で嫌なことでもあったんですか?」
と訊くと「いや ない。でも絶対に学校には入れさせない」と譲らない。
その時僕は「愚か者!」と言葉でパンチを浴びせることもできただろう。
でもそれじゃ自分がエライと言っているのと同じことになるんだ。
そうじゃなくて人にはそれぞれ違う意見があってどちらが正しいっていうわけじゃない。
彼らは彼らで自分の意見を正当化しようとしててそれを軽視することはできない。
だから代わりに僕は「Have A Nice Day」みたいな曲を書きたいと思う。
彼らはあのバーで僕に向かってオハイオ州はゲイを拒否すると言った。
それは大変ばかげた意見だと思う。
でもそれが彼らの生き方であって僕が判断することじゃない。
僕は僕の行き方をして自分の子供たちには違う見解から物事を教えたいと思う」
で‘Welcome To Whenever You Areはそのカップルもうちの子供たちも
今この番組を見ている皆も皆がどこにいようとどんな意見を持とうとウエルカムだよ。
みんな同じ星で生きているんだから人それぞれでいいんだよと言っている。
だから確かにどの曲にもメッセージ性はあって念入りに行間を読みたいと
思ってくれる人にはちゃんと見えてくると思う」
Comment by stairways2 @ 2006/06/25 1:17 PM
UKロック意気盛んな中で
BON JOVIが支持されているのは嬉ですねぇ〜

実は私・・・・・・^^;
BON JOVIの次に好きなのはUKロックでして(笑)
でもね、何が有っても私の中の1位はBON JOVI
譲れません!
独り言でしたぁ〜
Comment by Hiroko @ 2006/06/24 8:38 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ