<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ブルース・スプリングスティーンのファン向け雑誌Backstreetsにジョン・ボン・ジョヴィが登場 | main | BON JOVI公式サイトにてBON JOVIゴルフボール発売開始 >>

ジョン・ボン・ジョヴィ表紙、インタビュー掲載の雑誌Player8月号発売中

ジョン・ボン・ジョヴィ の表紙、インタビュー掲載の雑誌 Player 8月号発売中。

7月2日に発売された Player 8月号の表紙を ジョン が飾っています。6ページのインタビューも掲載されています。

このインタビューでは、アルバム製作の細かい過程や関わった人々の名前が多く登場し、LOST HIGHWAY の制作工程や ジョン の音楽的嗜好も垣間見ることができます。また興味深い発言も多く、自分自身にはかなり自信があるけど、それでも失敗には影響されちゃうんだ。 という発言には少し驚かされました。

表紙は、こちら!











雑誌 Player のサイトは、こちら!
redbank * 雑誌 * 01:11 * comments(9) * trackbacks(0) * - -

コメント

>Piko★さん
もう読みましたか?いいインタビューでしたよね!

>ジーナさん
こちらこそよろしくお願いします。このサイトを支えてくれているお一人だと思っていますので。
Comment by redbank @ 2007/07/07 12:36 AM
>redbankさん、piko★さん
暖かいお言葉をありがとうございました。

私もつい興奮して語ってしまいましたが、
今回のコメントは毎回購読されている方や購読を楽しみに待ち望んでいる方にとっては、ネタバレ状態になってしまっているのも事実です。
購読されない方を対象にしたような私の記載法は問題があったと思いますし、厳粛に受けとめたいと思います。
今後も不手際がありましたら厳しいご指摘をお願い致します。
Comment by ジーナ @ 2007/07/06 12:02 PM
音楽的嗜好が垣間見え〜とかアーティスト名を出して〜なんて情報があったら、私、買わずには居られませんでした!今月号の『 Player 』! 製作や販売に携わっている側にとって、たかが一冊でも買ってもらえるかどうかは重大問題・・・。でもね、きっとこんな風に話題になるって、ジーナさんみたいなホットな感想を貰えるって、限りなく嬉しいことだと思いますよ〜。って、見当違いなコト書いてたらすいません・・・
Comment by Piko★ @ 2007/07/06 9:16 AM
>ジーナさん
わかりやすい、素晴らしいコメントだと思いますよ。コメント欄では僕の書く記事自体に比べれば自由度が高くなると思いますしね。僕の書く記事自体の中での引用には今後とも自分自身で注意していきます。
Comment by redbank @ 2007/07/06 12:48 AM
ご指摘の件、深くお詫び申し上げます。m(_ _)m

多分ご購読されない方もいらっしゃるだろうと、つい「わかりやすく」のつもりで引用文を含めた書き方をしてしまいました。
以後気を付けますので、お許し願いたいと思います。
Comment by ジーナ @ 2007/07/05 8:23 AM
>SEAさん
このインタビューはLOST HIGHWAYを聴き込む深さをより深くしてくれるインタビューのような気がしました。

>ジーナさん
リッチーへの心遣い、このバンドの絆の深さの一端が見えますよね。
Comment by redbank @ 2007/07/04 10:36 PM
語りたいお気持ちは分かりますが、現在発売中の雑誌の内容紹介は、興味を喚起する程度に留めて頂きますようご配慮願います。
Comment by @ 2007/07/04 10:07 PM
PLAYER、私も読んでみました。
他誌と違って曲作りの過程でのちょっとしたエピソードなども垣間見られて良かったです♪

お互いのギターを持ち出してギター談議に盛り上がるダン&リッチーを「あいつらクレイジーだよ」とジョンが呆れたり。
インタビュアーの曲に関する解釈をジョンが尽く「違うよ、どちらかというと…」とアーティスト名を出して切り返したり。
Strangers は実は男性とのデュエットを考えていた!!とか(@_@;)目が点になるような情報もありました。

ジョンは色々な方の曲を聴くのでしょうか?サワリを聴いただけで誰の曲なのかすぐにわかった様子でしたね。凄い!?

そんな話の傍ら、辛い時期のリッチーに対してナッシュビルで「ホテルの隣の部屋には自分(ジョン)がいる」という安心できる環境を作ってあげていたジョン。
優しい心遣いを自然にサラッとやってのけてたんですね。素敵過ぎます♪

BURRN!やINROCKも同時に読んでいるので、もし情報が混じっていたらすみません。でも読み応えのある内容でした♪
Comment by ジーナ @ 2007/07/04 5:29 PM
インタビューを読みながら、アルバムを聞くとこのアルバムの良さを再発見する事がたくさんありますね。

『失敗に影響される』という言葉。苦労してきたアーティストだからこそ、重みのある言葉だなと痛感しました。
Comment by SEA @ 2007/07/04 1:19 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ