<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< BON JOVI行きつけのお店、今度は雑誌GQ JAPANに掲載 | main | ジョン・ボン・ジョヴィ、誕生日翌日にLATE NIGHT WITH JIMMY FALLONへ出演 >>

ジョン・ボン・ジョヴィ、ファンクラブ会員向けライブのセットリスト

ジョン・ボン・ジョヴィ、ファンクラブ会員向けライブのセットリスト。

ジョン が2月23日に JON BON JOVI AND FRIENDS 名義にてファンクラブ BACKSTAGE WITH JON BON JOVI 会員向けにスペシャルライブを行ないました。そのセットリストなどをご紹介します。数百人を前にしたこのライブ、珍しい曲のオンパレードとなりました。カバーにソロアルバムにアルバムボーナストラック、まさかのパワーステーション時代の曲。この時代の曲が披露される日が来るとは思いませんでした。詳細は後程。

まずは、この日の参加メンバーから。
参加メンバー
ボビー・バンディエラ(ギター)
エバレット・ブラッドリー(パーカッション)
ジェフ・カジー(キーボード)
おなじみの3人に加え、今回は2人がフル参加。
JOHN CONTI(ベース)
KENNY ARNOFF(ドラム)
BLAZE OF GLORYDESTINATION ANYWHEREリッチー・サンボラUNDISCOVERED SOUL などに参加している名打てのドラマー。1953年生まれ。
さらにホーンセクション3人(トランペット、トロンボーン)も参加。サウスサイド・ジョニー の曲などで活躍していました。

今回のセットリストは、次の通り。
収録アルバムを合わせて明記しました。
セットリスト
01 So You Want to Be A Rock And Roll Star (ザ・バーズ YOUNGER THAN YESTERDAY)
02 This Time It's For Real (サウスサイド・ジョニー & ジ・アズベリー・ジュークス THIS TIME It'S FOR REAL)
03 Runaway (BON JOVI)
04 I Get A Rush (100,000,000 BON JOVI FANS CAN'T BE WRONG、以下BON JOVI BOX) 
05 Garageland (BON JOVI BOX)
06 Lost Highway (LOST HIGHWAY)
07 Don't Leave Me Tonight (THE POWER STATION YEARS 1980-1983)
08 Head Over Heels For You (THE POWER STATION YEARS 1980-1983)
09 Midnight In Chelsea (DESTINATION ANYWHERE)
10 Janie Don't You Take Your Love To Town (DESTINATION ANYWHERE)
11 Every Word Was A Piece Of My Heart (DESTINATION ANYWHERE)
12 Broke Down Piece Of Man (サウスサイド・ジョニー & ジ・アズベリー・ジュークス I DON'T WANT TO GO HOME)
13 All I Want Is Everything (サウスサイド・ジョニー & ジ・アズベリー・ジュークス)
14 Lonely (LOST HIGHWAY 日本盤ボーナストラック)
15 Bang A Drum (BLAZE OF GLORY)
16 Never Say Die (BLAZE OF GLORY)
17 Billy Get Your Guns (BLAZE OF GLORY)
18 Someday I'll Be Saturday Night (CROSS ROAD)
19 Wanted Dead Or Alive (SLIPPERY WHEN WET)
20 I Love This Town (LOST HIGHWAY)
アンコール
21 Just Older (CRUSH)
22 Livin' On A Prayer (SLIPPERY WHEN WET)
23 Who Says You Can't Go Home (HAVE A NICE DAY)

So You Want to Be A Rock And Roll Star について。
ザ・バーズ(THE BYRDS)が1966年にシングルとしてリリースした曲で、1967年のアルバム YOUNGER THAN YESTERDAY にも収録されました。またこの曲は トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ が1985年のライブアルバム PACK UP THE PLANTATION: LIVE! にて、パティ・スミス・グループ(PATTI SMITH GROUP)が1979年に発表したアルバム Wave にてカバーしています。パティ・スミス はニュージャージーで育ち(生まれはシカゴ)、ブルース・スプリングスティーン との共作曲 Because the Night でも知られています。

ザ・バーズ のアルバム YOUNGER THAN YESTERDAYAmazon はこちら!(試聴可能です)
昨日よりも若く
昨日よりも若く ザ・バーズ

トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ のアルバム Pack up the Plantation: Live!Amazon はこちら!
パック・アップ・ザ・プランテーション~ライヴ!(紙ジャケット仕様) トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ

パティ・スミス・グループ のアルバム WAVEAmazon はこちら!(試聴可能です)
ウェイヴ
ウェイヴ パティ・スミス・グループ


ご存知、サウスサイド・ジョニー & ジ・アズベリー・ジュークスの曲について。
This Time It's For Real は1977年の2枚目のアルバムタイトル曲、Broke Down Piece Of Man は1976年の1枚目のアルバム I DON'T WANT TO GO HOME に収録されています。
All I Want Is Everything は1979年の4枚目のアルバム THE JUKES に収録されています。

THIS TIME IT'S FOR REALI DON'T WANT TO GO HOME のカップリングCD、Amazon はこちら!
I Don¥'t Want to Go Home/This Time It¥'s for Real
I Don't Want to Go Home/This Time It's for Real SOUTHSIDE JOHNNY & THE ASBURY JUKES

THE JUKESAmazon はこちら!
The Jukes
THE JUKES SOUTHSIDE JOHNNY & THE ASBURY JUKES


Don't Leave Me TonightHead Over Heels For You について。
今回最も驚いたのはこの2曲でした。1980年から83年にかけて ジョン (当時は JOHN BONGIOVI)が働いていたスタジオ POWER STATION にて録音された楽曲です。1997年に THE POWER STATION YEARS としてCD化された際に話題になりましたよね。ともに THE POWER STATION YEARS 1980-1983 に収録されています。

THE POWER STATION YEARS 1980-1983、Amazon はこちら。
THE POWER STATI
THE POWER STATI ジョン・ボン・ジョヴィ


イベントについて、まとめました。
名称 JON BON JOVI AND FRIENDS
日時 2009年2月23日
会場 ニュージャージー州 セイヤービル STARLAND BALLROOM(SAYREVILLE, NEW JERSEY)


KENNY ARNOF のサイトは、こちら!

会場 STARLAND BALLROOM のサイトは、こちら!







YouTubeコーナー。
オープニングの挨拶は、こちら
01 So You Want to Be A Rock And Roll Starは、こちら
02 This Time It's For Realは、こちら
03 Runawayは、こちら
04 I Get A Rushは、こちら
05 Garagelandは、こちら
06 Lost Highwayは、こちら(部分)。
07 Don't Leave Me Tonightは、こちら
08 Head Over Heels For Youは、こちら
09 Midnight In Chelseaは、こちら
10 Janie Don't You Take Your Love To Townは、こちら
11 Every Word Was A Piece Of My Heartは、こちら
12 Broke Down Piece Of Manは、こちら
14 Lonelyは、こちら
15 Bang A Drumは、こちら
16 Never Say Dieは、こちら
17 Billy Get Your Gunsは、こちら
18 Someday I'll Be Saturday Nightは、こちら(部分)。
19 Wanted Dead Or Aliveは、こちら(部分)。
20 I Love This Townは、こちら。2009年以降の予定や フィラデルフィア・ソウル の復活についても言及しています。
21 Just Olderは、こちら(部分)。
バンドメンバー紹介は、こちら
22 Livin' On A Prayerは、こちら
23 Who Says You Can't Go Homeは、こちら(部分)。
redbank * ジョン・ボン・ジョヴィ * 01:27 * comments(7) * trackbacks(0) * - -

コメント

皆さん、返信遅くなりました…

>みこ@大阪@さん
すごいセットリストですよね!書いているだけで興奮してきましたよ!

>モカさん
これでもか、これでもか、という程に驚く曲が続いていますよね!

>通りすがりさん
この一言に尽きますね!

>taitaiさん
ライブに参加されたんですね!
マフラーや送られてくるCD、宝物ですね!
参加した時に感じた空気や雰囲気はこういった情報では決して伝わらない、一番の宝物かもしれませんね!
「PROUD MEMBER」その通りだと思いますよ!
うらやましいのは事実ですが、このブログを見てくれている方の中にライブに参加された方がいて、僕もとても誇りに思います!

>匿名さん
ジョンの反応、確かに気になりますよね。

>ノディさん
確かにうらやましいですよね。それでも、動画で見られるだけ幸せな時代かもしれませんね。
Comment by redbank @ 2009/03/22 10:54 PM
羨ましい〜〜〜〜(>_<)私も本当に行きたかったのです。
動画見ながら泣いてました。あんな近くでジョンを見れて羨ましい…の一言です。
また色々ライヴのこと教えてくださいね。(ToT)/~~~
Comment by ノディ @ 2009/03/07 5:25 PM
一週間早くても、Happy Birthdayを本人に向かって叫べるなんていいなぁ…
どんな反応だったんでしょう(笑)
Comment by 匿名 @ 2009/02/28 1:29 PM
はじめまして。いつも様々な情報ありがとうございます。
少しですが、ご報告です。無事に辿り着けるか心配でしたが、何とかStarland Ballroomに到着、ライブ見てきました。
あまりにも近くでJonを見ることができて、終始興奮状態でした。
redbankさんが書いているように、Bon Jovi としてのライブでは演奏しない曲が多かったことや、殆どの曲でJonがギターを弾いていたことはとても嬉しかったです。
また、ファンが1週間早めの『Happy Birthday』を叫んだときのJonの反応には、ちょっと笑えました。
帰りに貰ったグッズの中にあるマフラーには『PROUD MEMBER JBJ Live on February 23,2009』と刺繍がしてありましたよ。
今回のライブをCDにして参加したファンに後日送っていただけるらしいので、とても楽しみです。
そして、スタッフがとても優しく、親切にしてくれたことも印象的でした。
Comment by taitai @ 2009/02/27 8:58 PM
す、凄すぎる・・・
Comment by 通りすがり @ 2009/02/27 6:20 PM
セットリストありがとうございます!
本当、驚愕のセットリストですね・・思わず口開けながら見ちゃいました。
あぁ、聴けた方々が羨ましい・・・
Comment by モカ @ 2009/02/27 12:27 PM
いつも興味深く拝見させていただいています。毎日ボンジョヴィに関する貴重な記事を更新して下さり、ありがとうございます(^-^)

>ファンクラブ向けライブのセットリスト
すごいセットリストですね!パワーステーションからの曲を生で聴けるなんて…正にファンクラブ向けのライブですね!羨ましいなあ〜(^^)
Comment by みこ@大阪 @ 2009/02/27 8:51 AM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ