<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< BON JOVI、ロックの殿堂入り決定!! | main |

2018年11月26日東京ドーム公演ライブレポート

2013年以来の日本公演。その5年の間にBON JOVIには様々な変化がありました。

レコード会社との契約消化用と言われたアルバムBURNING BRIDGESを発表し、その後のアジアツアーではフィルXとマット・オリ―がギタリストとして参加。リッチー・サンボラが正式に脱退し、レコード会社との関係修復後に発表されたアルバムTHIS HOUSE IS NOT FOR SALEではヒュー・マクドナルドとフィルXが正式メンバーに。そして続くツアーではジョン・シャンクスとエヴァレット・ブラッドリーが参加。

その変化を遠くから見守ることしかできなかった日本のファンの元へ帰ってきたBON JOVI。今のBON JOVIはどんなBON JOVIなのか、この目で確かめるべく東京ドームへ向かいました。

 

 




開演予定の19時まであと数分、予告アナウンスもなく客電が落ち、オープニング映像がスタート。日の丸からスタートし、富士山や東京の風景を使う映像に続き、This House Is Not For Saleがスタート。

新曲が続くのかと思いきや、Raise Your Hands、You Give Love A Bad Nameと80年代の曲が続きます。ジョン・ボン・ジョヴィに導かれるままに腕を上げ、一緒に歌っていたこの時には、もう誰がメンバーなのかなんて考えることはなく、BON JOVIの楽曲に包まれている自分がいました。

ジョン・シャンクスのアコースティックギターからのWhole Lot Of Leavin'、Lost HighwayとアルバムLOST HIGHWAYからの2曲が登場。Hey! Hey!と自然と手が上がります。ジョン・シャンクス、派手さはないしアピールもしませんがサイドギターとして確実な演奏を披露、安心して聴いていられます。

続いてデヴィッド・ブライアンのキーボードによってタイムマシンの世界に入ってしまったジョン。たどり着いたのは1983年。もちろん披露する曲はジョンが言うところのSome young punk kid達がラジオ局に持ち込んだクールなメロディを持つあの曲、その若者たちをロックンロールスターに導いたあの曲。もちろんそれはRunaway。デヴィッドのイントロはジョンに続いてファンの僕らも1980年代に連れて行ってくれます。

1980年代から一気に2016年に移行し、ビデオクリップにも使われた遊園地の映像とともにRoller Coasterを披露。そのまま今年のロックの殿堂入りについて触れたMCに続き、式典でも披露されたWhen We Were Us。最新曲でありながら、栄光をつかみ取るまでを歌うこの曲は、BON JOVIと一緒の時代を生きてきた幸せや思い出を実感させてくれる曲です。

このあたりからジョンの声がよく出るようになってきており、その勢いでBorn To Be My Baby、It's My Lifeと続きます。ジョンの声とファンによる大合唱で会場の一体感が一気にアップ。

これ以上畳み掛けられると倒れそうになっているところで、God Bless This Mess、We Don't Runと直近2作からの曲を披露。いずれも日本での初披露となるこの2曲ではバックのモニターが大活躍。God Bless This MessではBON JOVIのネガティブ記事とポジティブ記事による新聞紙面が、We Don't Runでは歌詞が表示され、楽曲への理解を深める手助けをしてくれました。

続くはヒュー・マクドナルドのベースからスタートするKeep The Faith。この曲は現ツアーメンバーになってから一番変化の大きい曲で、以前レゲエバージョンが披露されたりゴスペルバージョンが作られたりされるなど、様々な可能性を持つこの曲の幅をさらに広げてくれています。この曲の間奏部分が大きな見せ場にしているのがフィル、ジョン・シャンクスのギタリストコンビとデヴィッド。特にフィルはBON JOVIにも慣れ、ライブを通してステージ上手をすっかり自分のものにしている印象を受けました。今やBON JOVIのライブには欠かせない存在になったのではないでしょうか。

ステージ中央から前方に作られた短い花道。その花道に出てきたジョンが歌ったのはBed Of Roses。東京ドームではアコースティックにて披露された2006年以来、エレキトリックでは2003年以来15年ぶりの披露となりました。

Lay Your Hands On Meでは客席のジャック・スパロウ姿のファン(マジシャンの方とのことです)がモニターに映し出され大歓声。この曲と(この日は披露されなかった)Captain Crash & The Beauty Queen From Marsでは、毎回「次回の来日公演までには腕を鍛えておこう」と思うのはここだけの話。

ジョンの弾き語りからスタートしたWho Says You Can't Go Homeに続いては、ティコ・トーレスのドラムスに導かれるI'll Sleep When I'm Dead。ティコ、前回や前々回の来日公演に比べドラムの力強さが増している印象を受けました。個人的には曲の終わりのドラム連弾でティコの調子を感じたりしています。

本編最後はBad Medicine。女性のセクシーなダンス姿やメンバーが次々と映し出されるモニターが印象的。もちろんこの日一二を争う大合唱で僕らも応えます。

 

 




アンコール1曲目は予定になかった(と後にわかった)We Weren't Born To Follow。以前モニターに映し出されていた政治的な映像は映さなくなったのか、急遽の演奏で映すことができなかったのか。

続くはBlood On Blood。もちろんこの曲は青春時代の出来事を振り返り歌っている曲ですが、熱唱するジョンが少し涙ぐんでいるように見え、その姿は「この日のことを将来振り返る日が来るのかな」「その日が来るまで頑張っていこう」と未来に向けた想いを感じさせてくれました。

そんな想いにとらわれている時に、披露されたのはI'll Be There For You。スタンドはツアーグッズとして発売されたLEDリストバンドによる光の海。その光景を見たジョン、明らかに涙が目に浮かび、さらにファンの大合唱も加わった時には、涙を手でぬぐっていたようにも見えました。この曲は1996年の横浜スタジアム公演でのいつ終わるともしれない大合唱が印象に残っていますが、この日の演奏や光景も一生忘れることはないと思います。

Wanted Dead Or Aliveに続いて最後の曲はLivin' On A Prayer。イントロでライブが終わっちゃうと感じるのですが、歌が始まったらそんな気持ちはどこかへ吹き飛んでしまいます。会場全員での大合唱、最高でした。

 



この日の公演、ここ数回の東京公演に比べ段違いに素晴らしい公演になったのではないでしょうか。ジョンの声、もちろん昔より出ていないし、リッチーはいません。正直、僕もリッチーのギターやコーラスが恋しくなることはあります。それでも、デヴィッドやティコがこれまで以上にジョンを支えている姿を目の前にし、ヒューやフィル、ジョン・シャンクスやエヴァレットが確かな演奏技術を披露し、僕らファンも歌や反応でサポートしている姿を見せることができます。

ジョン、デヴィッド、ティコ、ヒュー、フィル、ジョン・シャンクス、エヴァレットが今のBONJOVI。彼らが披露する過去の曲には思い出だけではなくて未来も見ることができるし、様々な時代に想いを馳せることができます。

何度BON JOVIのライブを観ても、毎回オープニングでは涙が出そうになるし、同じように思っているであろうファンが同じ空間にこんなにも沢山いる。こんな幸せなことはないのではないかな、と思います。次回のBON JOVIがどんなBON JOVIになっているかは想像もできないけれど、これからも、その時のBONJOVIに会うために駆けつけるし、感謝の気持ちを伝え続けていきたいと思っています。



2018.11.26 Tokyo Dome, Tokyo, Japan
01 This House Is Not for Sale
02 Raise Your Hands
03 You Give Love A Bad Name
04 Whole Lot Of Leavin'
05 Lost Highway
06 Runaway
07 Roller Coaster
08 When We Were Us
09 Born To Be My Baby
10 It's My Life
11 God Bless This Mess
12 We Don't Run
13 Keep The Faith
14 Bed Of Roses
15 Lay Your Hands On Me
16 Who Says You Can't Go Home
17 I'll Sleep When I'm Dead
18 Bad Medicine

encore:
19 We Weren't Born To Follow
20 Blood On Blood
21 I'll Be There For You
22 Wanted Dead Or Alive
23 Livin' On A Prayer

 



 


 

 

 

 



追記
物販販売とファンクラブチケット引き換えについて。

物販販売は13時からスタート。会場限定品や東京限定品もありましたが、多くの人に行き渡ることを考慮してか、限定品の多くは購入個数制限が設けられていました。
しかし、ベースボールシャツのXLサイズが14時に完売するなど、完売商品続出。平日の公演、早く並びたくても並べない人も数多くいると思います。それでも欲しい人は転売商品に手を出すことになってしまいます。転売する人は問題だと思いますが、転売商品を購入する人の気持ちは理解できます。だって、欲しい商品を購入できるチャンスがなかったのだから。
さすがにもう少し購入を希望しているファンに行き渡るようにしてほしいと思います。今回の物販はとても魅力的な商品が多かっただけに残念でなりません。

16時からはファンクラブチケットの引き換えがスタート。
明らかに列が延びるスピードと列が進むスピードのバランスが合っていません。最低でも1時間以上並ぶことに。
物販と違い、引き換える人数も事前に分かっているし、3時間以内に全員引き換えないと開演時間に間に合わないのも当然わかっているはず。
窓口が2つしかない上、予約メールにあるQRコードも使わずに紙のリストにある一覧表から名前を探して蛍光ペンで印を付けていく始末。
開演に間に合わないファンが続出。僕もファンクラブ席にいましたが、開園後に席に到着する方がとても多かったです。
ファンクラブに入るほどのファンですよ?そのファンが開演に間に合わないなんて、これまでにないお粗末さだと思います。
原因を確認して、次回の来日公演には対策を講じてほしいと思います。ファンクラブに入るほどのファンを大事にしなくてどうするのでしょうか。残念です。

 

redbank * 2018日本ツアー * 01:35 * comments(27) * - * - -

コメント

Обязательно воспользуюсь <a href=https://zapotemok.ru>этим</a>
Comment by Jasonthubs @ 2019/01/22 11:36 PM
http://kamozin.com/storage/album/1/s/u/b1297270ac4ea039d5424a2.jpg

Как оригинально подарить цветы девушке?

И так: Представляем ...
Оригинально подарить цветы можно несколькими способами. Например, преподнесите ей цветок во льду. Для этого необходимо взять картонную коробку, аккуратно простелить ее кулинарной пленкой и крепко закрепить скотчем. На дно вы кладете розу или другое растение, крепите цветок ко дну клейкой лентой, чтобы он не всплывал, заливаете водой и ставите в морозильное отделение холодильника на некоторое время. Когда вода замерзнет, необходимо убрать пленку, а коробку обернуть в красивую подарочную бумагу.

Твой тайный поклонник - еще один способ оригинально подарить цветы. Вы отсылаете любимой девушке букет с карточкой От твоего тайного поклонника, а затем такую же надпись делаете на своей футболке и появляетесь перед своей избранницей в ней. Лучше не сразу, а через несколько дней, пусть она поразмышляет от кого было это поздравление. Сюрприз Цветы из ниоткуда необходимо готовить с помощником. Вы встречаетесь со своей любимой девушкой, гуляете и обращаете ее внимание на нечто интересное около вас витрину магазина, афишу кинотеатра и т.д. В это время ваш друг, проходящий мимо, незаметно передает вам букет, который вы и дарите девушке ниоткуда.

Если вы студент, и у вас есть тубус, аккуратно засуньте в него цветок нужен будет цветок с плотным стеблем, и лучший вариант для этого роза. Ваша девушка будет думать, что в тубусе находятся только чертежи. А вы открываете его и достаете цветок! Можно также предложить ей самой заглянуть в тубус. Еще один вариант оригинального цветочного подарка добавить в букет живых цветов один искусственный. Именно к нему нужно прикрепить небольшую карточку с пожеланиями, а в конце записки добавить Люблю тебя до тех пор, пока не завял этот последний цветок.

Эффект от подарка Клумба признаний потрясающий, но и для приготовления его потребуется терпение, а также некоторый участок земли размером к
Comment by Arthurzenny @ 2019/01/22 8:29 AM
<a href=https://www.artofzoo.com>art of zoo anal bestiality dog party </a>
bud… who got hurt’ ?… I explained to him (still with a decent volume so as the wife could hear) that our Dog had alineamiento y eso fue todo, el encontrГі el rumbo, empezГі a bombear frenГ©ticamente con un poder increГble, no the new site. But he is not alone. Just yesterday, we heard from another 2 Members offering to help out. my favorite bits to this movie. It’s kinda horny to see a Lady expressing her вЂinner bitch’ and staying in triumphantly ripped them out of a corner of my room and showed them to my step dad who laughed. Due to this they floppy velvety ears, and lean athletic doggie figure, “What a gorgeous dog!” Or “Sooo beautiful!”, never did I even played a part in a sexy surprise my ex sprang on me one day wherein I walked through the door to find her in “Say woof David, go on, just bark” “Who was this bloody Bill guy in Wales who’s name you keep moaning?” I never entire experience is mind blowing but my favorite moment is when he finally thrusts into whichever hole he music, movies, fashions – a whole new generation just grew up with that animal love right under their noses from muy grande entre especies en ese sentido, y se la posiciГіn de cada uno tiene, lo que si tengo es mucho cariГ±o y because she loved him so much. Spark was lavishly licking her face and the inside of her mouth. With Spark’s cocina a sacar algo del horno o similar. Cuando el nudo ha crecido hasta alcanzar el mГЎximo tamaГ±o dentro de tu not to do anything sexual until he’d settled in and felt comfortable. So for a while I just got know him and еЏе°Џдє†пјЊењЁдЅзљдЅ“е†…з™дёдє†дје¤љз§ЌеђпјЊзЋ°ењЁиѓЅиЅ ж“зљдЋдЅдЅ“е†…ж‘е±±гЂ ењЁдеЊж¶йзље°зІѕд№еђЋ , д№џиўдЅзљжџ”жѓ…еѕЃжњЌгЂдЅеє”иЇ жњ‰иї‡йжЅ®дє†еђ§пјџзёдїЎдЅд№џ иўдеѕЃжњЌдє†гЂ Becken immer und immer wieder gegen sie hГ¤mmerte. Seine gewaltigen Beckenstöße schickten bei jedem Aufprall ihre Beine zusammen, als der Polizist sagte:
Comment by Jamesprubs @ 2019/01/22 6:41 AM
> さちさん
コメントありがとうございます!
最近はtwitterやインスタをメインに更新してたりします。
ブログはなかなか更新できずすいません!
BON JOVI愛はまったく冷めてないのでご安心ください(^^)

今ツアー3回目ということは、海外に行かれてるんですね!
海外より日本公演がよかったと聞くと嬉しくなりますね(^^)

今後ともよろしくお願いします。
Comment by redbank @ 2018/12/04 12:45 PM
> JON JOVI子さん
コメントありがとうございます!
息子さんと参加されたんですね!
息子さんもいい思い出になったのではないでしょうか(^^)

今回はカバーがなかったですね。
最近のツアーではカバー曲披露が少なくなってるんですよね。

西城秀樹さんがコンサートでYou Give Love A Bad Nameを披露している動画、
亡くなった直後にYouTubeで見たりしていました。
洋楽の素晴らしさを日本中に知らせてくれた大功労者だと思います。

今後ともよろしくお願いします。
Comment by redbank @ 2018/12/04 12:41 PM
> tamikoさん
コメントありがとうございます!
大阪のファンクラブ引き換えは窓口が増えたんですね。
少しは改善しようと思ってくれたのかもしれませんね。

眼鏡にオレンジ上着、僕かもしれません(^^;
列の右端に並んでいました。
ひょっとしたらお会いしていたのかもしれませんね(^^)
Comment by redbank @ 2018/12/04 12:36 PM
> にゃうさん
コメントありがとうございます!
大阪も行かれたんですね!
BON JOVIのライブを観た後は、終わっちゃった喪失感もありますが、
次の来日まで頑張れるパワーももらえるんですよね!
今後ともよろしくお願いします。
Comment by redbank @ 2018/12/04 12:32 PM
> さとみさん
コメントありがとうございます!
今のBON JOVIを一緒に応援し続けましょう!
今後ともよろしくお願いします。
Comment by redbank @ 2018/12/04 12:30 PM
redbankさん はじめまして。
以前からブログを読ませていただいていたのですが、コメントするのは初めてです。実は、最近は更新も少なかったので、冷めちゃったのかな〜と心配しておりました。(勝手にスミマセン…。)
でも、こんな素敵なレポート、ありがとうございます!
東京ドームから1週間、未だにぼーっとしていて、ネットで情報調べまくりですが、このレポを読んで、またまた思い出して感動しています。
本当に、本当に素晴らしいライブでしたね。
THINFSツアー参戦はこの東京ドームで3回目だったのですが、ジョンの声の調子も会場の盛り上がりも、今回が最高!で、日本っていいなと思いました。最近は日本公演が少なくなってしまいましたが、BON JOVIメンバーも良かった、また早く来たい、と思ってくれていたらいいな〜。

これからも更新を楽しみにお待ちしていますね!
よろしくお願いいたします。
Comment by さち @ 2018/12/02 11:13 PM
ご無沙汰しております。

だいぶ前に数回コメントさせていただきました。来日公演が終わり、的確かつ詳細なredbankさんのjust olderを探していて、ここにたどり着きました。

前回のライブに行けなかった事もあり、今回久しぶりのライブ参戦で、彼らがどんなパフォーマンスをするのか、不安と期待に入り混じった気持ちで待ち侘びていましたが、やはりBON JOVIのライブは健在でしたね。私と同世代のJONが様々な試練を乗り越え、それでも変わらず音楽を愛し、また私達日本のファンの所に戻って来てくれた事が本当に嬉しく思います。

Ticoの以前と変わらぬ、もしかしてそれ以上に迫力あるドラムにも驚き、Davidの美しいメロディーラインやそのテクニックに変わらないなぁと頷きながら、胎児の頃からBJを聞いていた今は大学生になる、なかなか最近は一緒に外出しなくなった息子と久しぶりに楽しいひと時を過ごせました。

個人的な意見としては以前も書いたかもしれませんが、彼らのコーラスは素晴らしいので、昔のようにdrift awayやビートルズのカバー曲なども披露して欲しいですが、英語圏ではないライブだとその曲の認知度が低いと盛り上がりに欠けたり、彼らの曲だけで多くのヒットがあるから、なかなかカバー曲を聴く機会はないのかなぁ。

実は私が小学生の頃、最初にファンになったのが西城秀樹さんでした。当時、幼い私にロックを教えてくれた彼が、BON JOVIを歌ってくれていたのを最近知りました。凄く楽しそうに歌っていたので、彼の分も今回のライブを楽しむつもりで参加しました。彼にも届いている事を願いながら、次回のライブを既に待ち侘びている私です。
Comment by JON JOVI子 @ 2018/12/02 12:54 PM
とても素晴らしいライブレポートありがとうございます!!! 

東京と大阪どちらもこれまでで一番感動した公演でした。ジョンが終始笑顔で嬉しかったのですが、今回ギターをほとんど弾いていなかったのが少し気になりました。どうしたのかな。
ここ数年色々なことがありましたが、それでも今回も日本に来てくれたBON JOVIにありがとうの気持ちで一杯です。

redbankさんが書いておられるようにファンクラブ会員のチケット引換にあんなに時間がかかるなんてひどすぎます。まだまだ長い列が続いていましたし窓口の係員を増やすこともせず、間に合わなかった方のことを思うと本当に腹立たしかったです。(大阪も30分以上は並びましたが窓口は4つはありました。)次回はぜひ改善していただきたいですね。

チケット引換の列の隣の方が眼鏡をかけた背の高いオレンジの上着の方でしたがredbankさんでしたでしょうか。コンサート後にツイッターを拝見して、もしかしたらと思いました。感謝の気持ちをお伝えしたかったのですがそれができず残念でした。

これからも楽しみにしています!


Comment by tamiko @ 2018/12/02 1:52 AM
大阪在住で、有休を取り東京・大阪両方に行きました。
5年間待ちに待ってた甲斐がありました。
もう一時も目を離さないようステージを見つめ、
一人参戦にもかかわらず、両手を振り上げてきました。
皆さんのように気の利いたコメントができず残念ですが、
本当に素晴らしい、感動的なライブでした。

今年が早くも終わってしまった感がありますが、
次回来日までまた頑張る!という目標ができたので、
その日を楽しみに日々過ごしていこうと思っています。

これからも情報楽しみにしています。


Comment by にゃう @ 2018/12/01 10:24 PM
レポート読ませて頂きました!
redbankさんのBONJOVI愛あふれるレポートに、私もまた東京ドームでのステージを思い出し、熱くなりましたっ(^-^)
確かにジョンは声が出なくなってきてるし、リッチーもいない寂しさもあるけど、でも今のBONJOVIもこれからのBONJOVIも私達が第2のメンバーなんだ!ぐらいに応援とゆうサポートをし続けて行くぞ!とゆう気持ちでいっぱいです!
また近いうち来日してくれるのを心から願うばかりです
これからもredbankさんのblogやTwitterなどでBONJOVI愛を共有させて頂けたらうれしいです(^-^)/
Comment by さとみ @ 2018/11/30 10:26 PM
> azumamaさん
コメントありがとうございます!
皆さんのコメントで涙が出そうになります・・・。
再来日、もう待ち遠しいですね。
待ち遠しいですが、何年でも皆で待てる気がします。
そして再来日の際には、皆のBON JOVIへの想いに満ちた会場で
バンドを迎えたいですね!
筋トレ、今日からやりましょう(^^)
Comment by redbank @ 2018/11/30 8:27 PM
ライブレポ、ありがとうございます。
レポを読んでいたら、またあの空間と感動が蘇りました。また、涙が出そうになりました。
redbankさんのレポも完全保存したいくらいです。ファンの気持ちがJONに伝わってくれていたら本当に嬉しいですね。実は、前回のライヴの時に空席が目立っていて悲しかったんですよね。今回はドームいっぱいのファンで、凄く嬉しく…ちょっぴり安心もしました。
また、皆んなでBON JOVIの再来日を楽しみに待ちたいですね。次はもっともっと、沢山のファンでBON JOVIを迎えたいです。
そして、そしてワタクシも筋トレして次に備えます(笑)
Comment by azumama @ 2018/11/30 7:49 PM
> ぽんたさん
コメントありがとうございます!
京セラはそんな状況だったんですか。
確かに外国の人がとても多かったように感じました。
欧米の方だけでなく、アジア圏の方も多かった気がします。
2時間半もあったのですが、終わってしまうとあっという間ですよね。
次の来日公演、皆で待ちましょう!
今回の来日公演から「あっという間だった」と思える頃に実現してくれることを願いたいです。
今後ともよろしくお願いします!
Comment by redbank @ 2018/11/30 1:06 PM
> meg.nさん
コメントありがとうございます!
BON JOVIの楽曲の数々、自分だけに向けて書かれたわけではないのに、自分の人生に起こった出来事やその時の想いが自然と思い出されるんですよね。
楽曲の持つ、大きな魅力だと思います。
筋トレされてたんですね!負けました・・・(^^;
今後ともよろしくお願いします!
Comment by redbank @ 2018/11/30 1:02 PM
> ジャックマジシャンさん
あのジャックスパロウさんなんですね!コメントありがとうございます!
東京ドームに集まったBON JOVIファンは全員ジャックマジシャンさんのファンになったのではないでしょうか。
実はファンクラブ列に並んでいた時にジャックマジシャンさんが歩いている姿を拝見し、こんな人もいるんだ〜、と思っていました(^^;
今後ともよろしくお願いします!
Comment by redbank @ 2018/11/30 12:58 PM
> coopiさん
コメントありがとうございます!
そう、あと何回BON JOVIのライブを観ることができるかわからないですよね。
だからこそ、来日公演では毎回感謝の想いを伝えられたら、と思います。

オフ会、いつかやってみたいですね(どなたか開催してくれると嬉しいですが(^^; )
もしオフ会がなくても、次回の来日公演時にお会いできたら嬉しいです。
redbankです!というタスキでも掛けて立ってましょうかね(^^;

今後ともよろしくお願いします!
Comment by redbank @ 2018/11/30 12:53 PM
> violetさん
コメントありがとうございます!
僕らは、ジョンはスーパースターだと簡単に言ってしまいますが、ジョンも僕らと同じ一人の人間なんですよね。
苦しい時を経て日本に来て、ファンの反応を目の当たりにしたジョンの気持ちがあの涙に現れていたのではないかなと思います。
BON JOVIと同じ時代に歩むことができるなんて幸せですよね!
Comment by redbank @ 2018/11/30 12:48 PM
> レスポールさん
コメントありがとうございます!
2018年のBON JOVI、よかったですよね!ジョンとバックバンドと思っていた(心配していた)ファンもいたと思いますが、来日公演を観たファンは"今のBON JOVI"も素晴らしいと実感したのではないでしょうか。
筋トレ、ともに頑張りましょう(^^)
今後ともよろしくお願いします。
Comment by redbank @ 2018/11/30 12:41 PM
レポートお疲れさまです!いつもTwitter拝見しております。
5年前に初めてBonJoviのライブに行き、感動して今回のライブも参加しました。
今回の東京ドームのライブもほんと楽しかったです!最初から最後まであっという間に感じました…!!ジョンが握り拳でやったぞ!みたいな感じになって喜んでいたのが印象的です。声の調子も良かったですよね! 

私は京セラのライブにも参加しましたが、音響の調子が悪い中(lost highwayでは音途切れ、born to be my babyではキーボードの音?が出なかった)でも、最高のパフォーマンスを見せてくれました。どっちもほんと最高でした。

あと、ワールドクラスのバンドだと世界中のファンが集まるんだなと思いました。隣の方がイタリア人で東京、大阪ともVIP席にいたので、すごいなと実感しました!
早く次の来日が楽しみです!
Comment by ぽんた @ 2018/11/30 10:59 AM
早速書いてくださって、ありがとうございます!楽しみにしておりました(^∇^)
こちらにコメントするのは初めてです。
お昼休憩で読み始めたのですが、読んでいるうちに泣いてしまいそうになって、途中でやめました(笑)変わらず、愛のある記事、嬉しかったです。
東京、めちゃくちゃ良かったですね。BON JOVIだけでなく、私たちがみんな楽しかったと思います。
大好きなBlood On Blood 歌ってくれると思ってなかったので、幸せです。
今日の仕事中も含めて、26日からボロボロ泣いてます。ほんとに待ってて、5年はとても長かったし、BON JOVIも私もいろいろなことがあって。。。
こじつけですが、私の生活が安定したのが2018年でした。その2018年に来てくれたことや、日本のために作ってくれたステージ、私たちファンが同じ想いで参加した東京公演、一生忘れません。

リッチーが去ったけど、フィルもヒューもいます。寂しいけど、前を向いて進んでいくBON JOVIを観て、私も前を向いて行こうと改めて思いました。

なんか感極まって乱文失礼いたしました。
でも本音を書いたのでこのままコメントします。
まだまだ書きたいことがありますが、次の記事を楽しみに、この辺で。
(他の方のコメントも読ませていただきました、同じ思いの方がいて、励まされます!ジャック・スパロウさん、目立っててうらやましかったです(>_<))

追伸
私はライブ翌日いつも悩まされるので、この日のために筋トレしました!筋肉痛なかったです!(笑)
Comment by meg.n @ 2018/11/29 11:31 PM
ヨーホー&#9760;
Lay Your Hands On Meでビジョンに映ったジャックスパロウこと、ジャックマジシャンです。
Twitterでこのブログを教えてもらい来ました。

詳細にわたるレポで、あの日の感動が蘇りました。1曲1曲場面が目に浮かびます。ブログにまで私を登場させていただき、ありがとうございます&#128522;

ビジョンに映ったおかげで、ライブが終わった後の会場、ハードロックカフェでも、ずっとファンの方達と一体になって楽しむことができて、とても貴重な体験でした。


しかし、ファンクラブのチケット引き換えはなんだったんでしょうね。紙で名前探すって、結婚式の二次会じゃないんだから。
Comment by ジャックマジシャン @ 2018/11/29 4:19 PM
時々Twitterでコメントをさせていただいている者です。
長文になってしまいそうでこちらに書かせていただきました。
redbankさんのレポートを読んで、再び熱いものが込み上げてきました。そして、バンド全体を冷静に見渡して書いてくださったレポートさすがです!
今回の公演、私も近年では最も素晴らしいライブだったと思います。JONの歌声もメンバー全員のパフォーマンスもセットリストも・・・そしてファンと一体になった盛り上がりは思い出すと私も涙が出ます。JONが涙ぐんでいたのはそんな私たちファンの熱い思いが伝わったからだったのでしょうか。
私はずっとずーっとこれからもBONJOVI一筋だと再確認したライブでした。
私は今回東京のVIP席が買えず、その分と思って大阪公演にも行って来ました。大阪は2万5千人という発表でしたが、私が見渡した限りそんなに少なかったかなぁ?と思います。いずれにしても2日間で7万人ものファンを動員したのは凄いことですよね。
私はここ数年ファンクラブには入っていませんでしたが、今回のライブが終わってこれからあと何回BONJOVIのライブを観れるだろう・・・という思いからまた入ることにしました。

それにしても東京公演で入場ゲートに向かう際、ファンクラブの方たちの長い列を見て(結構開演時間が迫っていたのに)ファンクラブの人たちがなぜまだこんなにここに並んでいるんだろう?と思っていました。そんな対応だったとは・・・
次回からは絶対に不手際がないようにしていただきたいですね。

いつもたくさんの情報をアップしてくださりありがとうございます。今回もしチャンスがあればご挨拶させていただきたいと思っていましたが、私も時間がなく叶いませんでした。
オフ会とかがあればなぁ・・・と思ったりもしますがなかなか難しいですよね。

色々と自分のことを書いてしまいました。申し訳ありません。そして大変な長文失礼いたしました。

今後ともよろしくお願いいたします。


Comment by coopi @ 2018/11/29 2:28 PM
レポお待ちしておりました。
ありがとうございます。
私もまだ余韻が抜けず、レポを読みながら素晴らしいライブを思い出していました。
待ちわびたライブだから、というそれだけの理由ではあの盛り上がりにはなりませんよね。
本当に素晴らしいライブでした。これまでの来日公演の中でも今回の公演は歴史に残るものとなると思います。
JONの嬉しそうな、そして時に謙虚とも見える表情に感動しました。私にもJONが涙ぐんでいるように見えましたし、私も何度も感極まりました。
彼らが諦めずに活動を続けてくれることに感謝します。
そして、これからも彼らと共に歩んでいきたいと思います。
Comment by violet @ 2018/11/29 10:14 AM
レポートありがとうございます!未だライブの余韻に浸っていますがブログを読みより当日の感動が蘇りました。おっしゃる通り、ここ数年でも盛り上がりを見せた良いライブだったと思います。過去のライブでは登場シーンでジョンの機嫌が悪くなったり、リッチーが怪我してたりと色々あったなぁと思い出しました…フィルXの左足のサポーターは気になりますが激しいパフォーマンスでしたね。
ジョンの歌声は確かに衰えましたしリッチーはいませんが、ティコは相変わらずのパワフルドラム(私の周りでもこのドラムの力強さが良いんだよーと声があがってましたよ)、デヴィッドの美声は健在、堅実な仕事をこなすヒュー、ジョン・シャンクス、エヴァレットの熱いサポート、2018年のBONJOVI良いと思います!
ジョンの表情が印象的に残ってますね。たぶん泣いてましたよね。もちろん私も泣きましたが(笑)
登場シーンで泣きたくなる気持ち、あのゾワっとくる興奮、皆さん感じていたのですね!
次回の来日まで私も筋トレしておきますw
では長文失礼しました。
これからも情報発信楽しみにしてます。
Comment by レスポール @ 2018/11/29 8:52 AM
コメントする









このページの先頭へ